【お金の不安解消】教育資金いくら必要?失敗しない貯め方3STEP

教育資金の貯め方

「生きていく=お金がかかる」ということ。

人生の3大資金と呼ばれる「教育資金・住宅資金・老後資金」の調達には多くの人が頭を悩ますことでしょう。

あなた

新聞やニュースで3000万円必要って言われるけど、本当なの?

2人目が欲しいけど、
やりくりしていけるか不安…

あなた

ただでさえ、自分が生きていくだけでも大変なのに
そんな大金を準備できる余裕がない…
老後資金で頭がいっぱいだ…

といった、先の見えない不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。

この記事で分かること
  • 将来必要な教育資金の金額
  • 教育資金を計画的に準備する方法
  • 失敗しない教育資金の貯め方:3STEP

当記事を読めば、教育資金の不安を抱えることなく子育てに没頭することができるようになります。

また、この考え方は「住宅資金」「老後資金」にも活かせるようになっています。

人生の3大資金の不安から解放されたい方は、ぜひ最後まで読んでください。

この記事を書いた人
  • 資産形成コンサル
  • 1万人以上のお客様をサポート
  • 会社経営者
  • 副業コンサル

教育資金とは

教育資金(=子育て費用)とは0歳〜22歳までにかかる「教育費」「養育費」の合計金額を総称したもの。

お客様の中にもこの2つの要素をごちゃ混ぜに考えている人が非常に多くいらっしゃいました。

分解して考えることで、

  • 何が必要なのか
  • どこにフォーカスして考えれば良いか

が、把握しやすくなります。

教育費とは

学校でかかるお金と、学校外でかかるお金をすべて含めて教育にかかる費用。

(※学校外:学習塾や習い事、参考書の購入費用など)

養育費とは

未成熟子が社会的自立をするまでに必要とされる費用。

  • 食費
  • 衣服代
  • 医療費
  • お小遣い
  • 娯楽費
  • 交通費

などが、該当します。

対策すべきは、入学費や学費が含まれる”教育費

特に初年度は大きな出費になるので、しっかりと準備をしておく必要があります。

養育費は日々のキャッシュフロー(=収入−支出)の中からやりくりできる場合がほとんどです。

目次

必要な教育資金 (概算)

教育資金

では、事前準備が必要な「教育費」について見ていきましょう。

教育費(幼稚園〜高校)

スクロールできます
学歴年数公立私立差額
幼稚園1年間223,647527,916304,269


3年間


670,941


1,583,748


912,807
小学校1年間321,2811,598,6911,277,410



6年間



1,927,686



9,592,146



7,664,460
中学校1年間488,3971,406,433918,036


3年間


1,465,191


4,219,299


2,754,108
高校1年間457,380969,911512,531


3年間


1,372,140


2,909,733


1,537,593
合計15年間5,435,95818,304,92612,868,968
※文部科学省 子供の学習調査 平成30年度より頻用
  • 公立と私立で費用差が特に大きくなるのは小学校〜中学校(義務教育期間)
  • すべて公立 vs すべて私立の金額差は約1,300万円

教育費(大学の費用:入学費・在学費の合計)

スクロールできます
年数費用
短大2年3,625,000
国公立4年4,994,000
私立
(文系)
4年7,170,000
私立
(理系)
4年8,217,000
※日本政策金融公庫 教育費負担の実態調査より引用
  • 他と比べて、公立大学の1年あたりにかかる費用は圧倒的に安い
  • 大学に進む目的を考え、それを達成するにはどの道に進む方がベストなのか。 子供と向き合いながら、しっかりと判断する必要がある
  • 昔と違い「良い大学=良い企業に就職=良い給料がもらえる」という概念は当てはまらない

養育費

スクロールできます
年間の平均費用0歳1歳2歳3歳4歳5歳6歳小学
1年
小学
2年
小学
3年
小学
4年
小学
5年
小学
6年
中学
1年
中学
2年
中学
3年
高校
3年間
大学
4年間
総額938894104120116122111106113115124127153153161※1※2
※引用元:独立行政法人日本学生機構「学生生活調査結果(平成30年度)」 ※1と※2に関してはデータがなかった為、中学3年と同数値を適用

ある程度上下はあるものの、0歳〜22歳までにかかる養育費は約2,000万となった。

合算

スクロールできます
幼稚園〜高校大学合計
すべて国公立5,435,9584,994,00010,429,958
すべて私立18,304,9268,217,00026,521,926
スクロールできます
教育費養育費教育資金
すべて国公立10,429,95820,000,00030,429,958
すべて私立26,521,92620,000,00046,521,926
※養育費は2000万円で固定

進む進路によって変動しますが、必要な教育資金は約3000万円〜約4600万という結果。

パル象

家が一軒立ってしまう・・・

3.教育資金の貯め方:3STEP

教育資金
あなた

教育資金高すぎて準備できる気がしない…

そんな声が聞こえてきそうですが、大丈夫!本題はこっからです!

今すぐ、3000万〜4000万円を準備しなくてはいけないというわけではありません。

冒頭でも話したように、養育費はキャッシュフローで賄う。

決まった時期に決まった金額が出ていく部分に関して準備をしておけばそれほど不安になる必要はありません。

つまり、大学入学にかかる費用をしっかりと前もって準備しておけば、それほど焦ることはないということです。

パル象

具体的に解説するから安心して!

①STEP:ゴールを決める

あなた

ゴールを決める?
まだ進路なんて分からないよ?

受験途中で失敗した時はどうするの?

文系/理系かなんて
子供のやりたいことや
特性を見ないと判断できない…

そう、皆さん大正解です!

不確定すぎる未来のことなど、永遠に考えても無意味なのです。

ここでオススメなのが「自らの基準」を設定することです。

夫婦でしっかりと話し合い、子供にどうなって欲しいか、今の生活状況でいくらまで出すことができそうか。

話し合いの中で、夫婦で捻出できる

上限を仮決め“しましょう!

ここでは国公立大学にかかる費用約500万円を想定して話しを進めていきます。

  • 夫婦で子供の将来についてゆっくり話し合おう
  • 現状を踏まえていくらまで出せるか上限を仮決めする

②STEP:期間と手段を考える

ゴールを仮決めしたら、あとはそのゴールに向けて最適な手段を選びます。

手段:7選

スクロールできます
メリットデメリット

貯金
流動性が高い
元本割れしない
確実な計算ができない
親が死亡した際の保証がない
金利が低い
児童手当200万はこれで準備可能養育費にあてられない


保険(※学資保険)
半強制的に貯められる
銀行に預けるより金利が高い
税制優遇を受けられる
万一の際は払込み免除
インフレに弱い
途中解約による元本割れ
満期でも元本割れするものあり
保険会社倒産リスク
積立投資高い運用利回りが期待できる確実性はない
親の援助ラッキーパンチ
(ありがとう両親)
誰しもが受けられるものではない
1500万円を超えると贈与税が発生
奨学金324万円(※1) 子供に将来の借金を背負わせる
教育ローンMAX:350万円
(一定の要件を満たすと450万円)
両親の借金が増え、
老後資金の蓄えが難しくなる
※1:日本学生支援機構の調査による平均借入額(貸与型)を参照
パルの個人的見解

1つの目安として、「運用期間が10年」あるのであれば積立投資や保険を検討するのはありでしょう。

遅くとも小学校に入学する前までに検討してもらえるとメリットが受けやすいです。

早く始めるのに越した事はありませんので、

お子様が小さい方やこれから子育てされる方はすぐに計画をしてください。

できれば、「奨学金」や「教育ローン」のローン関連のものは使わない。

実際に私は奨学金を借りないと大学へ行くことができなかったので、奨学金に感謝しています。

ですが、毎月の返済がボディーブローのように効いてきます。

奨学金の返済ができず、未納者が年々増えている実態があることも念頭に入れ、検討してください。

③STEP:手段と組み合わせる

最後のステップです。

これまでSTEP①とSTEP②で得たものを、組み合わせて具体的計画に落とし込んでいきましょう。

具体例

500万円のうち養育費すべてを充当すると、残りは300万円。

残り300万円を貯蓄計画で対応する場合

大学入学までの残額200万円を18年間で貯めるとすると、年額25万円。月換算すると2万円程です。

残り300万円を奨学金で対応する場合

教育費の確保が完了。

このように分解して考えてみると、先ほど抱えていた不安が少し解消されるのではないでしょうか?

ですが、

あなた

養育費をすべて充てることなんてできない

子供に借金を背負わせたくない

生活がギリギリで貯蓄にまわす余裕がない

など、様々な個々の状況があると思いますので、

7つの手段を複合的に組み合わせて、個々の状況に合った教育費確保の方法を模索してください。

まとめ:まずは、いつまでにいくら必要か把握しよう

未来

この記事をまとめます。

  • 教育資金は分解して考える
  • いつまでにいくら必要なのか把握する
  • 目的達成のための手段を考える
不安解消のためにやること・順序
  • 夫婦で子供の将来を考える
  • 夫婦で教育費の上限を仮決めする
  • 仮決めした目標を実現可能な具体的方法で積み重ねていく

不安だからといって何もしなければ不安は大きくなる一方です。

それを放置しておくと、後悔という怨念のようなものもセットでのしかかってきます…

ただし、この記事をココまで読んでくださった方は絶対に大丈夫です!

なぜなら、あなたは貴重な時間を使って記事を読み解決策を模索したい、と思える行動力のある優秀な方だからです。

お金のことってなかなか向き合いにくいですし、目を逸らしがちですよね…

しかし、いつかは必ず向き合わなければいけないことなのです。

これをやれば必ず不安を小さくなっていくはずです!同じ子を持つ親として一緒に頑張りましょう!

30秒で教育資金がいくら必要か分かる自動計算ツールを作成したので興味がある方はこちらから


最後に

”自分の人生の舵は自分で切る”をテーマに

個人の価値を高める「お金の知識」「ビジネススキル」について情報を発信しています。

ブログに書いていないお得情報もTwitterやInstagramで発信中!

Instagramアカウントはこちら

Twitterアカウントはこちら

noteはこちら

無料プレゼントも準備しておりますので

フォローしていただけると、新しい情報が得られると思います♪( ´θ`)ノ

パル象

「1つ」でいいです!どんな小さなことでも良いので何か行動に移してみましょう!あなたが叶えたい未来に必ず近づきますから♪


このブログで使用しているテーマ「SWELL」


オススメテーマ
パル象

色々テーマ買ったけど、これが最強だったよ♪

  • 初心者でも上級者と同じようなデザインが作れる
  • 思い通りのコンテンツがサクサク作れる
  • とにかく操作が簡単でストレスがない
  • 購入後のサポートが充実している(アップデート無料)
  • SEO対策もバッチリ!

他にもメリットたくさん!初級者〜上級者まで幅広く使用可能

教育資金の貯め方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる